安全の相談

現在の取り組みやトレンドはどのようになっているか

保険相談とは、保険会社の窓口で行うものと、保険相談専門の窓口でファイナンシャルプランナーによって行うものがあります。そのような窓口は、ショッピングモールなどさまざまなところにあり、最近進出してきています。インターネット窓口でも受け付けることができます。保険は、毎月払うものですので金額も相当になってきています。ですので、金額を見直すためにも保険相談は有効なものになります。ですので、保険証券や自分の預金通帳、自分と家族のライフプラン表などを用意したりすることによって、より具体的なアドバイスを受けることができます。さらに保険相談の時間も、平日などほかの人が利用しないような時間にするとじっくりと相談をすることができます。

現在は、少子高齢化社会の進行や公的年金の不安により高齢になった際の生活の心配の手段として保険を頼りにする人がいます。一方で低金利時代になり、保険を金融資産の一つとして考える人もいます。そのため、保険相談としては、保障の面と保険の資産面という両方で考える人が多いです。保障の面では、先進医療や高度医療など、そして介護が必要になった際の介護費用についても保障を手厚くする人が増えてきています。なぜなら、最近では日帰り手術など入院費用や日数は少なくなっている割に治療は高度になり治療費が増大している傾向にあるからです。保険の資産面については、掛け捨てのものですとか年金をもらえるものなど多様化してきていますので相談も増えています。